HOME
»
過疎四苦八苦
»
発見

過疎四苦八苦

発見



「ワークショップ」という手法で お寺をことを考える集まりをしました。そしてその指導は お寺の門外漢である専門家にお願いしました。

そのお方にお願いすることになったきっかけは そのお方と数回お目にかかって フィーリングがあったことでした。

一例ですが メールで届く第一声は 「お早うございます 〇〇でございます」といことばです。何気ないことばづかいですが 「おッ そうか」と惹きつけられたのです。

私たちの話をしっかり聞いてくださる姿勢 おだやかなことばづかい スピーディーな仕事ぶりも素晴らしいと感じたのです。

時間を掛けて取り組む課題なので お互いに何でもいいあえて 信頼関係を結ばなければなりません。それが可能だと感じて取り組むことにしたのです。

どのような展開を見せるのか 今はまったく想像がつきません。

あえて「こうしたい」という私自身の思いを話すことは控え 想像が出来ないような意見が出ることを期待しています。