HOME
»
過疎四苦八苦
»
子どもがお参りします

過疎四苦八苦

子どもがお参りします



今日は子どもたちがお寺にお参りする行事を計画しています。

今年小学校に入学した近所の子どもが4人 家族と一緒にお参りしてくれる予定です。

子どもたちの記憶の中にお寺がどのようにインプットされるのか考えると とても大事な行事です。

お釈迦様のお誕生日は4月8日で 昔はこの日を「花まつり」と名付け 童形の釈迦像に甘茶をかけ お花をささげてお祝いをしました。

そのあとで甘茶と手作りのおやつをいただき 歌を歌いました。私の脳裏には その記憶がしっかり残っていますので この行事は大切にしたいと思って準備をします。

そのときに歌った歌詞のことを考えていますが 少し理解しにくい歌詞でした。

大人になって理解できたのですが さて現在ではどうだろうかと思案しています。天上天下唯我独尊というお釈迦様の第一声が 「天にも地にも我一人」ということばになって歌われていたのです。

難しいという気がして 今日はお話をしようと考えています。

虫をついばむ小鳥 それを襲う大きな鳥 小鳥を助けようとしたときに大きな鳥が叫んだ逸話です。「なぜ食べてはいけないのか」という質問にどう答えたらいいのか。

人生の問いを残したいと思っています。