HOME
»
過疎四苦八苦
»
タネを播きます

過疎四苦八苦

タネを播きます



赤いのは蔓ウメモドキ 黒いのは山吹のタネです。これを播こうと考えています。

蔓ウメモドキは お寺の行事のときの立華で使うことが多い華材です。このタネは昨年使った華材から採ったものです。

山吹は 「七重八重 ・・・ 蓑ひとつだに なきぞかなしき」と詠まれた山吹ですが 実がある山吹なので播いてみます。

「タネを下さい」と畑の持ち主に声をかけたら 笑いながら「時間がかかりますよ」といわれました。

「あなたが生きているうちに花を見ることが出来ますかねえ」といわれたようで 一瞬「そうか そうなんだ」と思い 「いや花を見るまでは」と思い直しました。

陽気がよくなって庭仕事が楽しくなっていますので 思いついたことをあれこれ手をつけています。

「山照らし」と呼んでいる灌木の枝を剪って挿し木をしました。野バラのアーチをつくるために根っこを掘り出して育てています。毎日の水やりを忘れなければ 土と太陽の力で根を出してくれると思っているのですが。