HOME
»
過疎四苦八苦
»
倒れない木

過疎四苦八苦

倒れない木


先週の土曜日は 夜中にずいぶん強い風が吹いたようで 庭のバラの木が2本根元から折れました。

またモッコウバラのアーチも大きく崩れ つるが傾いて下で咲いている花の上に覆い被さっていました。

朝起きて気づき 大急ぎで応急の処置をして 太くなったモッコウバラの枝は手伝いの人にお願いをして修復をしました。

終わったあと倒れなかった木を見ながら なぜ倒れる木と倒れない木があったのだろうと思って眺めていました。

根がしっかり張った木は倒れていません。頭でっかちになった木は倒れていました。

落葉した木も倒れていません。粘りの多い性質の樹木も倒れていません。

人生において受けるいろいろなストレスを強風に置き換えて考えて見たら そのストレスに耐えるためのヒントを教えられている気がします。

無理やり背伸びしないのがいい。あるいは背伸びをしたなら それにふさわしい根を張ることを怠ってはいけない。

無用な情報や所持品を捨てることや ときに応じて状況に従うしなやかさを養うことの大切さを 樹木が教えてくれているようでした。