HOME
»
過疎四苦八苦
»
山菜を食べています

過疎四苦八苦

山菜を食べています


いろいろな山菜が出回る季節になりました。

今年口にした山菜は、ふきのとう、たらの芽、よもぎ、わさび、ぼうふう、のびる、こごみ、たけのこ、ふき。

書き出してみたら結構な種類の山菜を賞味していました。

これからわらびも食べる機会があろと思いますので、この季節は田舎の暮らしが満喫できます。

​山菜にはもう一つの楽しみがあります。食べるだけではなく摘むことも捨てがたい楽しみです。

私たちは、特別な時間をつくって野山に出かけることはありません。あらかじめ家の周囲で目星をつけていた山菜を、食べごろを見計らって、夕食準備の前に摘むのです。

​摘みながら今年も季節のものをいただくことが出来ると実感することがうれしいのです。

ハウス栽培とか量産に適さない山菜には、季節感やのどかな暮らしとともに、生きていることが実感できるような気がします。