HOME
»
過疎四苦八苦
»
髭剃りの刃

過疎四苦八苦

髭剃りの刃


昔からシックの髭剃りを愛用しています。

20年位前からでしょうか、その替え刃が二枚重ねた「二枚刃」とか三枚重ねた「三枚刃」になって出始めたのです。当然ながら価格も上がりました。

当初の一枚刃の髭剃りが売り場から消えてしまったので、仕方なしに三枚刃四枚刃と値段の高いものを使うようになっていました。

髭剃りの機能は少しよくなり、剃り心地もたしかによくなりました。

その四枚刃を長い間愛用していたのですが、しばらく前から五枚刃が売り場に出現したのです。

それを見ながら「私は四枚刃で十分」と意地のように使い続けていたのですが、ついにその四枚刃が売り場から消え始め、三枚刃か五枚刃の二種類になってしまったのです。

いまさら三枚刃を使いたくないので、仕方なく先日ついに五枚刃を購入しました。

使用感はよくなりましたが、メーカーの巧みな戦略に乗せられているようで手放しの満足感が生まれません。困った性格です。