HOME
»
過疎四苦八苦
»
あめ玉を贈りました

過疎四苦八苦

あめ玉を贈りました


昨日は15人の人に、「私の誕生日」のプレゼントを差し上げました。

といってもあめ玉一個ずつですがうれしそうに受け取って、「おめでとうございます」といってくださいました。

誕生日のプレゼントをくださいと催促をすることになるのではとか、「おめでとう」のことばを強要することになるのではないかと少し危惧しましたが、まったく違和感は感じませんでした。

一瞬でしたがその場が和み、その後あたたかい雰囲気になったように思いました。

お参り先2軒で7個、お寺に見えたお方に8個。合計15人の人に贈ることが出来ました。

「なぜお祝いされる側の人がプレゼントするのですか」とたずねられた方は一人もいらっしゃいませんでした。

私が今まで知らなかっただけで、現在ではこのような行為が当たり前になっているのでしょうか。

それともその意味が十分わからなくて、「ありがとうございます」といって受け取ってくださったのか、よくわかりませんでした。

少し変わったことをしていると受け取られたのでしょうかねえ。