HOME
»
過疎四苦八苦
»
死亡通知

過疎四苦八苦

死亡通知


数年前から、新聞に掲載される死亡通知を見るクセがつきました。周囲の人がお亡くなりになったことを見逃さないようにということが第一の目的で、次にお亡くなりになっている人の年齢が気になるのです。

もっとも最近の傾向として、死亡通知を出されないお方が増えているようで、通知される割合は半分くらいではないかと推測しています。

日本全国の著名人がお亡くなりになったときの掲載については、どのような基準で決められるのかわかりません。元タカラジェンヌのお方とかヒマラヤ登山のシェルパさんとかのお名前が出ると、一時代を風靡したお方は必ず掲載されるのかなあと思っています。

2月1日付の某全国紙に、お世話になった先生がお亡くなりになったというお知らせが出ていたようです。ところが私が読んでいる新聞には掲載がありませんでした。

故人は宗教哲学の先生であり俳人でもあったのですが、某全国紙の俳句の選者としてご活躍であったから、その新聞のみに掲載されたものと推察しました。

先生には、同人誌創刊のときから仲間にも誘っていただき俳句のご指導をいただきました。また大阪で朝日カルチャーセンターの講義をたびたび受講するなどして、親しくしていただいた先生でした。


これで師と慕っていた数人のすべてのお方がお亡くなりになってしまいました。

これからの人生は、教わったことを思い出しながら自分の道を歩きます。