HOME
»
過疎四苦八苦
»
椎茸の食べ方

過疎四苦八苦

椎茸の食べ方

お参り下さった方々と、世間話の会話をすることはよくあります。

先日はお客さまのおもてなしについて、私の体験談をお話ししたことから椎茸の話題になりました。

その日の会話は、採り立ての生椎茸を焼いて食べた感想から始まりました。

参加のみなさんの多くは焼き椎茸の美味しさは経験済みで、さらに美味しくする方法まで話題になりました。

生椎茸を洗わずにラップして冷凍にするというのです。解凍して食べるときに洗って焼いていただくと、香りも味もしっかりして美味しくなると話されたのです。

数人の方が「そうだ」とうなずかれ、田舎ならではの暮らしの楽しみ方を学びました。誰もがそう思われないかも知れませんが、こんな会話の場をつくることがお寺の役目の一つであり魅力だと気づきました。

さらに椎茸を収獲するころあいの話も新鮮でした。笠が開ききらないときに採っていただくと、その歯応えが忘れられないものになるといわれたのです。

というわけで、みなさんと暮らしを豊かにする会話が出来るお寺暮らしを楽しんでいます。