HOME
»
過疎四苦八苦
»
リトル大阪

過疎四苦八苦

リトル大阪



ロサンゼルスの繁華街は一斉にクリスマス休暇でした。食料品を売るスーパーマーケット以外はすべてのお店がお休みです。

私のようなクリスチャンでない人にとっては、不便な一日になります。こんなとき営業してよろこばせてくれるのは、日本人や中国人など異国の
経営者です。

そのような経営者が集まる地区があるというので出かけました。

ネットのガイドで見たら通称「リトル大阪」。サンタモニカの一角にある通りに、日本や韓国の食べ物屋さんが軒を連ねているのです。

ラーメン屋とか寿司屋さんといった定番以外に、広島のお好み焼きとかおなじみの丸亀製麺のうどん屋などがありましたが。なかでも五百円くらいで食べられるうどん屋さんには行列ができていました。

広大なロサンゼルスの端っこをかすめて走りながら、多様な民族、極端な貧富の差を知らされました。アメリカンドリームということばも、銃販売規制ができない理由もわかったように思いました。