HOME
»
過疎四苦八苦
»
難しい教えをやさしく

過疎四苦八苦

難しい教えをやさしく

「やさしく つよく おもしろく」をモットーに暮らそうと思い始めてからいろいろな気づきがあります。

お寺の法座で、暦を使うことを思いつきました。
それというのも、本願寺の出版社からこのたび出版された「日めくり」が「やさしい」ことばであると感じたからです。

「やさしい」ということばの意味はいろいろで、「人には優しく」とか、「やさしくつながろう」というやさしさもあれば、「易しいことばづかい」というやさしさもあります。

この「日めくり」には、ことばづかいが易しいという意味でのやさしさがあると感じたからです。

どのような用語で表現しても、仏法が伝えてくださっている意味は深いものです。

その深みを、現代の暮らしの中に伝わることばで切りとることは難しいことですが、それに挑戦する表現がたくさんあると感じたからです。

いろいろ角度を変えてことばの意味を考えることが出来る暦です。