HOME
»
過疎四苦八苦
»
ことばが壁を破る

過疎四苦八苦

ことばが壁を破る

今年活躍したプロ野球で大田泰示という選手がおられます。ジャイアンツ時代に後楽園ドームでプレーを見たことがありました。

途中出場でしたが、アナウンスされたとき観客席から大きな拍手が沸いて、多くの人から応援されていることを感じたものです。

残念ながら巨人では期待に応える活躍が出来ず、昨年のシーズンが終わったとき移籍が発表されました。

日ハムに移籍した彼が、今年は大活躍しました。その原因が監督さんの助言があったことを知って、あらためてことばの力に気づきました。

日ハムの栗山監督は「お前の好きなように打て」と太田選手にいい続けられたそうです。もともと素質もあり練習もしっかりやっていた選手なので、あれこれ考えることなく普段の練習通りに打つことがいい結果になることを知っておられたのです。

打席に立った時とき、「ヒットを打たなければ」とか「勝利のために」とか考えることが、日ごろの練習の成果を出す壁になっていると監督は見ておられたのです。

壁は常に自分の頭の中にあります。その壁を破るのは、外からのことばと破るために蓄えた練習で、禅の「啐啄同時」の教えのことでした。