HOME
»
過疎四苦八苦
»
婦唱夫随

過疎四苦八苦

婦唱夫随

お参り先のご夫婦の話を聞きながら、「夫婦とは実に繊細な組み合わせで出来ている」と思ったことがあります。

そのご夫婦は、ご主人は初婚で奥さんとは14歳年上。奥さんはお子さんを二人連れて再々婚。結婚して20年近くなるそうですが、夫婦仲は至極円満に見えました。

会話の様子を伺っていると、主導権は常に奥さんで婦唱夫随。それが円満の秘訣に思えますが、さらに観察しているともう一つ気づくことがありました。それは会話が多いことです。

人生経験の差や男女差、あるいは仕事や趣味嗜好の違いなどによるすれ違いや体力の差。そのような自分たちの生活の違いの溝を埋めるのは、毎日の会話に尽きると思いました。

男女それぞれが仕事場での主役を勤めることはありますが、家庭での主役は奥さんであることが多いのです。

職住分離の時代になった現代で、夫婦円満の秘訣は婦唱夫随と夫婦間の会話にあると気づきました。