HOME
»
過疎四苦八苦
»

過疎四苦八苦

小春日の翌日は寒波襲来。

毎年この時期の気候は不順ですが、あまりにも変化の巾が大きくて戸惑っています。

お参り先で雷がなっている音を聞いていました。我が家に帰ってパソコンを立ち上げたら、いきなり「インターネットにつながっていません」というサインが画面に出て来ました。

「落雷?」と直感したまではよかったのですが、ケーブルやルーターを点検しても素人の悲しさで回復できませんでした。

夕方でしたが出入りの業者にお願いして点検していただきました。15分もかからずに無事に回復させていただき助かりました。さすがはプロです。

「どうなっていたのですか?」とお尋ねしたら、「たぶん雷が鳴って、コンピューター保護のために自動的にネットワークを閉じたのでしょうかねえ」というお答え。「リセットボタンを押したら回復しました」といわれました。

落雷ではなかったようですが、激しい雷鳴のために起こったトラブルでした。

子どものころから雷とのおつきあいをしていましたが、恐怖心を感じたことはありませんでした。でもパソコンを持つようになって、メカ音痴の私には雷が新しい恐怖になりました。