HOME
»
過疎四苦八苦
»
終わったときが始まるとき

過疎四苦八苦

終わったときが始まるとき



主立った片付けを一通り終え、2日間の行事が終わりました。

スタッフのみなさんには大変多くのお手伝いをいただきました。

過疎高齢化そして宗教離れ流れの中で、仏法と出会う場をどのように支え、あるいはどのように整理したらいいか。

空き時間を見てはお手伝いの人たちに話題を投げかけました。

出会いの場を自分たちで創造するのだという意識になっていただくことから始まると考えていますので、まずはその意識になっていただかなければなりません。

そのことは江戸時代から定着している檀家制度などの見直しをはじめとする、住職と門信徒さんの意識改革なのです。

その覚悟が問われているのです。