HOME
»
過疎四苦八苦
»
先生選び

過疎四苦八苦

先生選び



「先生を選ぶ」なんて、とんでもない思い上がりと失礼な行為です。

とはいっても、お寺においでいただいてお説教をしてくださるご導師さんは一人選ぶことになります。

そのときどのようなお方にお願いをするかというと、自分自身がお聞かせいただきたいお話しが聞けそうなお方に声をかけています。

そしてお参りされるお方に聞いていただきたいお話をしてくださるお方をお招きします。

そう考えると、そのお寺の住職が共感するご導師さんがお見えになっているわけです。それでいいのですが、いろいろなお寺にお参りして、そのお寺のご住職さんが共感されるお話しを聞くことも大切なことなのでしょう。

今日は報恩講の二日目です。しずかにお話しをお聞かせいただく予定です。

気温は低めですが好天の予報が出ています。うれしいことです。