HOME
»
求道四苦八苦
»
反省が必要です

求道四苦八苦

反省が必要です

  地域の健康サロンで「かみかみ百歳体操」が実施されました。「百歳体操」は経験があったのですが、「かみかみ百歳体操」は初めてでした。「口の元気はおいしく食べ、会話を楽しむために大切です」との趣旨です。体操は、首や肩の運動、口の開け閉め(声を出して)、口の中で舌を回転、など少し恥ずかしい動作でした。

   人はものが食べれないほど、つらいことはありません。自分の不摂生ですが30年位前に、十二脂腸潰瘍で入院した時、当初の1週間は点滴のみでした。同部屋の他の人たち(5人)はおいしそう(?)に食べているのを見て、本当に寂しく情けなく感じたことがありました。
 
   食べれないことは、肉体的にも精神的にも、元気がなくなります。楽しく暮せるのはやはり食事が「おいしい」といただけることだと思うのです。おいしい食事に出あうと会話(おしゃべり)もはずみ、生活のすべてに張り合いが出ます。

   健康でありたいと思うのであれば、自己管理をしっかりとし、我慢が必要だと思います。好き勝手なことばかりではおいしく食事をいただくことはできませんね。ただただ反省ばかりでした。