HOME
»
求道四苦八苦
»
まちがい・バンザイ

求道四苦八苦

まちがい・バンザイ

  私が、現職時代のことで時々思い出すことがあります。
   
   仕事は発注者より受注して作業を実施し、報告書にまとめて報告完了するという内容です。
ある仕事で、作業・報告書作成を若い人が担当し、完了時に私が報告書を‟チェック“する時、彼に「まちがいなく出来たか?」の問いかけに「まちがいありません。完璧です」の返答だった。報告書内容の訂正・修正の有無は記憶にないが、彼の返答に違和感を覚えたのです。

  人間は、物事を実施した時「間違いない、完璧だ」ということがあるだろか?
   
  点検してミスが無かったならば、たまたまであったと思うし、その思い、心こそがミスを生じる根本ではないだろうか。ミスがあることが前提でも困りますが・・・。

   私は、自分の事を思う時、まちがいだらけの生きてきた道でした。でもまちがいがあったから、まちがいのない道を選択することができたと思うのです。まちがっていれば修正すればいいと思うのです。

                「人生は、やり直しはできないが、見直しはできる」(金子大栄氏)

   まちがいに気づいたとき、分岐点まで戻り、その時と同じ状況でもう一方の道を選択し直すことができれば、といつも思うのですがやり直しはできないのです。見直し修正すればいいと思うのです。

   私のこれまでの人生、これからの人生、まさにこれの繰り返しだと覚悟しています。

   人生とは、左にそれ、右にそれ、引き返し、また大きく道を踏み外し、また戻る。そんなことではないでしょうか?
    
                 まちがい・・・バンザイ・・・