HOME
»
求道四苦八苦
»
交通事故にご用心

求道四苦八苦

交通事故にご用心

   先日、夕方6時15分頃 国道261号を走っていて小動物(狸?)と衝突し、はねてしまった。
   
   状況は、ライトを点灯し、60km/hぐらいで走行中、右側より狸が横切ってきた。そのまま行ってくれると思い、右車線でかわそうとしてハンドルを右に切った。がしかし、狸はUターンした。よって、「ガーン」という音とともに衝突しはねてしまった。
   
   私はそのまま走り去った。同乗者に「仕方がないよな。」と同調を求めていた。「すみません、ごめんなさい」という思いは全くなかった。相手が「人間」だったら・・・。
   
   狸にも家族がいたかもしれない。命は人間だけが持っているものではなく、生きとし生きる者にはすべて命を宿している。狸は死ぬつもりで道路を横断したのではなく、命を粗末にしたのではないと思うと心が痛みます。本当にすみません。
   
   私の運転の不注意で狸を殺してしまったその事故は、避けられなかったのだろうか。
   前方注視、速度遵守等、避けることもできたかもしれない。本当に申し訳なく思っています。
 
   いつ、どこで、何が起こるかわからない、注意深く行動をしなければならない教訓でした。